メールを読んでもらうコツ

出会い系サイトで出会いにつながらないどころか、返事すらもらえない。
こういった悩みを抱えている方は少なくありません。
こういった悩みを抱えている方のほとんどは、工夫をしていないメールを送ってしまっているからです。
ここでは読まれないメールと返信がもらえるメールの違いについて紹介していきましょう。

読まれないメールの典型例

「初めまして○○といいます。僕は映画を見るのが好きで、暇さえあればシアターまで足を運び観に行っています。○○さんは映画は好きですか?最近観た中では、○○という映画が…」といったもの。
これは典型的に読まれないメールになりますね。
はっきり言って全くつまらないですね。
映画鑑賞が趣味だとか云々以前に、内容がまずつまらないですし、質問にも答える気がしないのではないでしょうか。
相当に運がないと読んでもらうことが出来ないでしょう。


プロフに書いてあることに触れる

読まれるメールの作成のポイントとしては、相手のプロフをみて、それに書いてあることに触れるといったものです。
例えば、アウトドアが好きというものであれば、「この前山登り行って来ましたー!○○って山なんだけど、空気が綺麗でかなり癒やされましたよー!アウトドアって言っても○○さんは何系が好きですか?あ・・遅れました、○○と言います。」
このように名前をいう順番を後に持ってくるだけでも印象が違っているのではないしょうか?
参考に出来るプロフが薄いのであれば、写真からヒントを探すのはどうでしょうか?
顔やファッションのみならず、映っているアイテムなどから、話題を展開していくと、適当に相手を選んでいるのではなく、ちゃんと見ていてくれていると相手にも印象付けることが可能です。

リアルなコミュニケーションのセオリーは無視

リアルな対人コミュニケーションの場合、初めましてと挨拶をし、名刺でも交換して、世間話に発展させていくというパターンがありますね。
これをネットでやると、本当にありきたりになるのです。
とにかくセオリー無視でも読んでもらう工夫をしましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 出会い系でサクラの被害に遭わない方法!サクラの実態を知ろう! All Rights Reserved.